おめおめ。

080529

今年もやって参りました恒例の赤文字っ!

Koziさんお誕生日おめでとう!!

年男! そして私も年女! ねずみ万歳!! (なぜこのタイミング)


というわけで。
もはや今年中とは言わないけれど、近々何らかの動きがあってほしいですね(どっちだよ)。
できれば曲を聞きたいのだが…。まぁ私のことなので、存在をチラ見せしてくれるだけでも
十分に喜ぶと思います、はい。

c0059627_22342886.jpg

さて。
今日は大奮発して(といっても計1300円程度)ケーキを3つも買ってみた。
左のはベリーが入ったチーズケーキ、真ん中は苺とチーズ、右のはシュークリーム的なやつ。
ヘイ、アッシ無類のチーズケーキ好きでやんす。
どうでもいいけど撮影のセッティングといいアングルといい全てが雑だな。

早く貪りてぇ!! (下品)
[PR]
# by atafuta_destiny | 2008-05-29 22:29 | kozi

まこぼん

080407

改めて前記事の自分の感想文を読んで思ったけれど、
私ってホント文章を上手くまとめる力がないわ…。
時間を置いて読んだら読みにくいわ支離滅裂だわで。
内容が飛び飛びで、流れがナッシン! マターリ♪(違)

っていうのを、今年始めに書いた人格ラヂオのレポでもひしひしと痛感した。
多分あれが一番酷かった…。よくあれでアップしたなと思うよ我ながら。
その後全く推敲してないし。そして現在も絶賛晒し中だし。
なんだろ、途中で面倒になって箇条書きにしだすのが駄目なんだろうか。
順を追わず、断片的に、あんなこと、こんなこと、あったでしょうって書かれたら
臨場感がねぇんだよぉ!とお叱りを受けても仕方がないわな。
まぁこればっかりは記憶力の問題もあるので如何ともしがたいのだが…。


そうそうそう、そんなことより。
もうまさしく「そんなことより」ですよーあんた。
deadmanの眞呼様がパーソナルブックを出すらしい。
まぁそれだけなら「ふーん、へぇー、ほーぉ」で済む話なのですがね…。

それに付いてるCDの収録曲のゲストミュージシャンが…

な、な、なんと

Koziさんなのですっ!\(´∀`)/



ってこの話題今更って感じだよね…すみませそ。(↑盛り上げ空しい)

そうなってくると久々にKozi新曲お披露目か!?と期待してしまうのが肉球の常ですが
そのCDにおけるKoziさんの担当は単にギター&ベースとのことで、
作曲には関わっていないみたいです。残念。
正直なところ、ギタープレイがどうとか私にはよくわかんないから
(ギターの音を聞いただけでキャ~これKoziさんの音だ!なんて
判別もつかなければ興奮することもない)
作曲がKoziさんではない、という時点で微妙です。いまいち触手が。購買意欲がぁー。
Kozi&眞呼を持ってしてもまだ動かない私って本当にファンなんだろうか?
もうわからん、自分のことが。

いやーまーしかし。
青のときもそうだけど、いちいち私のマーク圏内のところで組合わさってくれて
ほんっっと世間は狭いなと思います。


あ、そうそう。前前回の記事に一青窈も追加で。なんつって。
[PR]
# by atafuta_destiny | 2008-04-07 10:15 | kozi

夢の対談ですぅ~\(^o^)/

080323

結構今更なんですが、ロフトのブログでKoziさん×青さん×KAZIさん(REDЯUM) の対談が読めます。何この私のためのセッティング。
地球に生まれて良かった-!!(by 織田裕二 by 山本高広)

しかしKoziさんって相変わらず物事の捉え方が柔軟というか、
決め付けたり極端なことを言ったりしないのなー。
「死ねばいいのに」の部分を読んでいると特にそう思う。
まぁ逆を言えば「そうは言っているけど本当のところはどうなの?」っていう
白黒はっきりしないもどかしさもあるんだけど。
でもそういうところが日本人の私としては好印象というか、ちょうど良い。
Koziさんは表現者として「曖昧」であってほしいなと思う。

青さんは青さんで相変わらず個性キツかった…。
そう考えると結構この二人って両極端だな。


さて、本日は千秋楽です。
白青どちらが勝つのか…。あと5分後には勝敗が決まっているのね。
先場所もそうだけどこの両横綱の対戦はマジで燃えますぜ。
[PR]
# by atafuta_destiny | 2008-03-23 17:25 | kozi

カミスミゼルの なになに?いい話

080201

ナツカシス…。
というわけで本日は言わずもがな、MALICE MIZERのKamiさんの誕生日です!
オメ!ヽ(´∀`)ノ

ご健在だったら36歳か…って、うおぉぉい!今計算してマジでビックラこいたよ。
結構いってんじゃないか…(笑)。
なんせ私の中では彼の記憶が9年前で止まっているもので。

うーん、私はあと3年もすれば彼の歳に追いついてしまうのか…。
華月の年齢は、何年も前にアッという間に追い抜かしてしまったけど
Kamiのも、この調子で行けばアッという間なんだろうな。

なんか、切ないとも悲しいとも違う、なんともいえない気持ちです。
こればっかりは仕方が無いんだけどね。
[PR]
# by atafuta_destiny | 2008-02-01 13:07 | MALICE MIZER

LIVE COLLAGE 2004~2006

5月29日(火)

うひょう!間に合った!
Koziさんお誕生日おめでとう!!

そんでもって早速DVD見ました!
あーそういえばこんな恰好をしてたこともあったなぁとか、Second LiveのINCOHERENTSってフリが激しかったんだなぁとか、コラージュしまくってるだけあって沢山のライブの記憶を回想することができました。私は丈の長いスーツが好きだったかなぁ(で、あれ正式名称何だっけ?モーニング?)。あとFirst LiveのカオスVer.の衣装も好き。
映像ではHoney Vanityの色味が好きです。淡くてぬるくて幻想的で。塚越健治さんが撮る写真の雰囲気と似ているような気がします。

ところで「Cabinet」の映像なんですが。
あの壊れたお人形さん、怖いけど可愛らしくもあり、
まあ、かなり直接的な表現をすると、死者が生きていた頃の自分を懐かしんで
ほんの少しだけ記憶の扉を開いている?みたいな?感じ?

そんなわけでなんとなく悲しくもありました。

あ、もうダメだ。時間がねぇ。今日はこのへんで。
[PR]
# by atafuta_destiny | 2007-05-29 23:57 | kozi